企画展 京都府立堂本印象美術館 リニューアルオープン記念展覧会 II
「徳岡神泉 - 深遠なる精神世界 - 」
Kyoto Prefectural Insho Domoto Museum of Fine Arts,
Monumental Exhibition II after Its Renewal is held:
Tokuoka Shinsen - His Profound Inner World -
会期 2018年10月13日(土)〜11月25日(日)
休館日 月曜日
開館時間 午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
入館料 一般500円(400円)/高校・大学生400円(320円)/小・中学生200円(160円)
( )は20名以上の団体料金
65歳以上の方(要証明)および障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
主催 京都府、京都府立堂本印象美術館(指定管理者:公益財団法人京都文化財団)、京都新聞
助成 一般財団法人 地域創造
■ 内容

 徳岡神泉は、明治29年(1896)に京都市上京区(現・中京区)の神泉苑近くに生まれ、生涯の大半を京都で過ごしながら絵画制作を行い、昭和47年(1972)に京都で没するまで幽玄ともいわれる独特な表現で近代日本画において大きな足跡を残した日本画家です。

神泉は、竹内栖鳳の画塾・竹杖会や京都市立絵画専門学校に学び、写生に基づく花鳥画を中心とする京都の日本画の流れを受け継ぎ、生涯一貫して植物や風景といった身近な自然をモティーフに制作しました。苦悩した青年期を乗り越え、戦前にはすでに高い評価を得ていた神泉ですが、昭和20年代後半以降、自然を心の眼で深く見つめ、無限の集中によって存在の核心に迫る象徴的な表現世界を展開しました。

本展では、独自の境地にたどりついた戦後の代表作を中心に神泉芸術の特性を紹介します。静寂のなかに真実を求め、ひたむきに描かれた作品の数々が、静かに沈思するひと時をもたらす機会となれば幸いです。



(左画像をクリックするとPDFチラシがダウンロードできます)

鯉 1950年 東京国立近代美術館 /  薄 1966年 東京国立近代美術館 /  刈田 1960年 東京国立近代美術館
 【同時開催】「堂本印象 日本の風景、ヨーロッパの風景」
  味わい深い日本の風景と、戦後描いた軽妙洒脱なヨーロッパの風景。それぞれの魅力をお楽しみください。
中山七里 1945年   /  ベニスのゴンドラ 1956年 京都府立堂本印象美術館
■ イベント情報
【ギャラリートーク】
当館学芸員による作品解説

当館学芸員が展覧会の見どころをお話しします。
2018年 10月20日(土)
時間=14:00から
場所=2階展示室(要入館券)

【講演会】
「徳岡神泉が求めたもの」

2018年 11月3日(土・祝)
時間=14:00-15:30
講師=山田由希代(当館主任学芸員)
定員=40名(当日13:00から美術館ロビーにて整理券を配布します。)
場所=学校法人立命館旧堂本印象邸[美術館東隣](要入館券または65歳以上の証明)

【ギャラリートーク】
当館学芸員による作品解説

当館学芸員が展覧会の見どころをお話しします。
2018年 11月17日(土)
時間=14:00から
場所=2階展示室(要入館券)