堂本印象美術館 過去の企画展

 2018年度

■ 【リニューアルオープン記念展覧会 II】
「徳岡神泉 - 深遠なる精神世界 - 」

<2018年10月13日(土)〜11月25日(日)>
徳岡神泉は、幽玄ともいわれる独特な表現で近代日本画において大きな足跡を残した日本画家です。独自の境地にたどりついた戦後の代表作を中心に神泉芸術の特性を紹介します。静寂のなかに真実を求め、ひたむきに描かれた作品の数々が、静かに沈思するひと時をもたらす機会となれば幸いです。

■「蘭島閣美術館コレクション 京の日本画家が描く情景」
<2018年6月28日(木)〜9月30日(日)>
蘭島閣美術館の近現代絵画コレクションのなかから、京都を拠点に活動した作家に注目します。福田平八郎、小野竹喬、山口華楊をはじめとする昭和期の作品から竹内浩一、渡辺信喜、岡村倫行など現代に活躍する作家の作品をとりあげ、彼らが描いた花鳥や風景、人物などの表現を改めて京都衣笠の地で紹介します。

■ 【リニューアルオープン記念展覧会】
「堂本印象 創造への挑戦」

<2018年3月21日(水・祝)〜6月10日(日)>
堂本印象美術館は、日本画家で文化勲章受章者の堂本印象(1891〜1975)によって設立され、昭和41年(1966)10月に開館し、平成4年(1992)に府立として再開館しました。これまで印象の作品だけではなく、日本画をテーマにしたさまざまな企画展を実施し、皆様に親しまれてきました。京都府では創立50周年を記念して平成29年(2017)より大規模工事を行いました。

リニューアルオープン記念展の第一弾として、「堂本印象 創造への挑戦」を開催します。一つの様式に安住することなく、常に新しい日本画を追求し続けた堂本印象の多彩な画業を紹介します。