企画展 憧れのヨーロッパ旅行
A DREAM TRIP TO EUROPE
会期 令和2年11月28日(土)〜令和3年3月28日(日)
休館日 月曜日(但し、1月11日は開館、1月12日は休館)
年末年始(12月28日〜1月4日)
開館時間 午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
入館料 一般510円(400円)/高校・大学生400円(320円)/小・中学生200円(160円)
( )は20名以上の団体料金
65歳以上の方(要証明)および障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
主催 京都府、京都府立堂本印象美術館(指定管理者:公益財団法人京都文化財団)、京都新聞
助成 一般財団法人地域創造
同時開催 京都現代作家展
2020年11月28日(土)〜2021年1月24日(日)
 Vol.13 三瀬夏之介「おにの神さん/奇景」
2021年1月26日(火)〜3月28日(日)
 Vol.14 山田伸「美への胎動」
■ 内容

昭和27年(1952)5月、日本画壇の重鎮として活躍していた堂本印象はヨーロッパへ旅立ちました。当時、印象は、京都から特急列車で東京へ向かい、羽田からプロペラ飛行機で約50時間かけてイタリア・ローマに到着した後、さらにフランス、スペイン、ドイツ、スイスなどを訪問しました。印象は約半年間の滞在中、西洋古典美術のみならず現代美術の動向にも直に触れ、自身の今後進むべき道を確信して帰国しました。

本展では、帰国後に発表した《メトロ》や《窓》のほか、ヨーロッパ滞在中に描いた現地のスケッチ画、油彩画など、ヨーロッパ旅行に関連して制作された作品を紹介します。還暦を過ぎて、ようやく叶った憧れのヨーロッパ旅行で印象が目にした様々な風物をともに味わっていただければ幸いです。



(左画像をクリックするとPDFチラシがダウンロードできます)



すべて堂本印象作 京都府立堂本印象美術館蔵
ドイツの朝 1952年

窓 1953年

メトロ 1953年

サン・ミッシェル 1952年

ローマの宿の朝 1952年

アルゼリヤの女 1954年

少女 1956年

白い手袋と猫 1954年

シテ附近 『美の跫音』(挿絵) 1952年

ボア・ド・ブローニュのカフェ 『美の跫音』(挿絵) 1952年

ピガール(モンマルトル) 『美の跫音』(挿絵) 1952年

コンコルド広場  『美の跫音』(挿絵) 1952年


■ [ 同時開催 ] 京都現代作家展
2020年11月28日(土)〜2021年1月24日(日)
 Vol.13 三瀬夏之介「おにの神さん/奇景」



三瀬夏之介 奇景(部分) 2003年〜
2021年1月26日(火)〜3月28日(日)
Vol.14 山田伸「美への胎動」



山田伸 悠悠 2007年
【三瀬夏之介 経歴】
1973年
1997年
1999年
2003年
2009年
2014年
2015年
2018年
現  在
奈良市生まれ
京都市立芸術大学美術学部美術科日本画専攻 卒業
京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻 修了
個展「わたしは絵が描きたい」/neutron B1 gallery(京都)
VOCA展2009、京都市芸術新人賞 受賞
京都府文化賞奨励賞、創造する伝統賞 受賞
個展「日本の絵―執拗低音―」/京都市美術館別館
山形ビエンナーレ2018キュレーター
東北芸術工科大学教授
【山田伸 経歴】
1960年
1988年
1991年
1994年

1995年
2002年

2007年

2016年
2017年

現  在
宮城県に生まれる
東京藝術大学大学院美術研究科日本画専攻修士課程修了
薬師寺中門仁王像彩色事業に参加
安土城天守閣障壁画再現事業に参加
再興第79回院展奨励賞受賞/成川美術館買い上げ
文化庁第29回現代美術選抜展に出品
京都日本画家協会新鋭選抜展京都文化博物館賞受賞
/同館買い上げ
再興第92回院展日本美術院賞(大観賞)、
足立美術館賞受賞/同館買い上げ
個展(島屋:京都・大阪)
個展(島屋:横浜・日本橋)
式年遷宮記念神宮美術館特別展に出品
日本美術院招待
京都芸術大学 美術工芸学科日本画コース教授
京都日本画家協会所属