美術館について
大正から昭和にかけて京都で活躍した日本画家・堂本印象。
堂本印象美術館は印象自身によって設立され、昭和41 年(1966)10 月に堂本美術館として開館した。
美術館を建てるにあたり、印象は昭和27 年(1952)にヨーロッパで見学した宮殿や邸宅を用いた美術館を参考に独自の美の可能性を追求したという。
のちに平成3 年(1991)に建物と作品が京都府へ寄贈され、 翌年の平成4 年(1992)、京都府立堂本印象美術館として開館、現在に至る。


開館当初 昭和41年(1966)頃

現在

■美術館のデザインについて
堂本印象美術館は外観から内装まですべてが印象自らのデザインによる。
建設にあたって制作された壁面装飾や館内装飾部分をデザインした多くのスケッチからは、自身の美術館空間を独自に創造しようとする印象のエネルギッシュな思いが汲み取れる。
これらのスケッチにみられる印象が創り出した装飾形態は、現在でも美術館内に残されている。




■美術館デザインマップ

フロア名をクリックすると、各フロアのデザインをご覧いただけます。


◆ 外観
(1)美術館外壁
(2)玄関ポーチ柱
下絵:爽快(堂本美術館柱)昭和40年(1965) 下絵:卓越(堂本美術館柱)昭和40年(1965)
(3)庭園ベンチ (4)庭園椅子
下絵:憩い(椅子)昭和42年(1967) 椅子(18種)
美術館デザインマップへ 


◆ 1階
(1)正面玄関ガラス戸取手絵 (2)玄関壁面装飾
1段目左から:主動、陽光、爽美、創造、興趣、精髄、新生、陽極
2段目左から:旋律、誠實、爽快、精華、耽美、清廉、良識、思潮
昭和41年(1966)
下絵:清素(堂本美術館壁面装飾)昭和41年(1966)
(3)玄関ガラス絵 (4)ステンドグラス
下絵(左から):善意、思考 昭和41年(1966)
※写真は2枚のガラス絵が重なっています。
蒐核
(5)ロビー壁面装飾 (6)新館ガラス戸取手絵
下絵(左から):堂本美術館内壁面装飾、清楚、豊穣
昭和44年(1969)
1段目左から:啓示、潮流、濃艶、主潮
2段目左から:芳醇、仙境、精密、接触
3段目左から:豊艶、美観、優雅、雅到
昭和43年(1968)
(7)その他
(左から):館内案内板、ドアノブ、館内窓装飾、美しい星座(応接室壁画・通常非公開)
美術館デザインマップへ 


◆ 2階・3階
(1)扉装飾 (2)照明器具装飾 (3)館内案内板
思索    

(4)扉装飾 館内木彫椅子(全30点)
 清醇 下絵:美術館木彫椅子デザイン 昭和41年(1966)
美術館デザインマップへ 


外観