企画展 【特別企画展】堂本印象生誕125年
「INSHO EXPOSITION 〜天才!! 印象ワールド〜」
日本画家・堂本印象にこんな世界があったのか!?
会期 2016年10月6日(木)〜12月25日(日)
休館日 月曜日
[但し、10月10日(月・祝)開館・11日(火)休館]
開館時間 午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
但し、毎金曜日は午後7時30分まで延長(入館は午後7時まで)
入館料 一般500円(400円)/高校・大学生400円(320円)/小・中学生200円(160円) 
( )は20名以上の団体料金
65歳以上の方(要証明)および障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
主催 京都府、京都府立堂本印象美術館(指定管理者:公益財団法人京都文化財団)
■ 内容

堂本印象は、1891年(明治24)京都に生まれました。1910年(明治43)に京都市立美術工芸学校を卒業すると龍村平蔵の工房で図案制作にたずさわりましたが、日本画家になることを目指し、1918年(大正7)に改めて京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)に入学しました。そして、翌年には早くも第1回帝展に初入選し画壇に登場します。その後も西山翠嶂に師事し、次々と話題作を発表して画壇に確固たる地位を築きました。また、画塾東丘社を主宰、母校の京都市立絵画専門学校で教鞭を執り後進の指導にも尽力しました。1961年(昭和36)には文化勲章を受章し、1975年(昭和50)に没するまで近代日本画の発展の一翼を担いました。

 一方で、印象は日本画だけでなく、油彩による家族の肖像画シリーズ、旅先の風景を瀟洒にとらえたペン画なども描いたことに加え、茶道具類の絵付けから豪華婚礼衣装の下絵までジャンルを超えた様々な作品を手がけました。1966年(昭和41)に開館した当館も印象自身によるデザインです。本展では、印象の知られざる工芸品や商品デザインなど様々な作品を入り混ぜ、その多彩で華やかな活動の軌跡を紹介します。

(来年1月より、リニューアル工事のため休館いたします。オープンは2018年春の予定です。)



(左画像をクリックするとPDFチラシがダウンロードできます)