■ 2019年度 展覧会スケジュール
2019年
4月3日(水)〜5月19日(日)
【特別企画展】
「絵になる姿 - 装い上手な少女・婦人・舞妓たち -」
大正・昭和・平成期の京都で活躍した日本画家が描いた女性の姿を紹介します。菊池契月、中村大三郎、三谷十糸子、秋野不矩、三輪良平らによって描かれた愛らしい少女、麗しい婦人、優美な京の舞妓たち。その端正な女性美はもちろん、華やかな衣装デザインも見どころです。また今回は京都の春の風物詩「都をどり」のポスター原画もあわせて紹介します。

【同時開催】
「堂本印象の女性像」 
神話の女神をモチーフにした代表作《木華開耶媛》から日常に生きる女性たちを絵にした《或る家族》、女優高峰秀子を簡潔に描いた作品まで、堂本印象が描いた女性像を紹介します。

【庭園展覧会】
「第2回堂本印象美術館 野外彫刻展」
京都彫刻家協会に所属する19名の作品を庭園で展示します。
場所:美術館庭園 入場料:無料
※その他入場時間、休日等は展覧会に準じます。
2019年5月20日(月)〜5月28日(火) 展示替え期間のため休館
2019年
5月29日(水)〜9月23日(月・祝)
【企画展】
「堂本印象 ほとけを描く ほとけを愛でる
印象コレクションの秘仏初公開・まぼろしの四天王寺宝塔の仏画」
堂本印象は、生涯を通じて多くの仏画を描きました。本展ではその代表作である四天王寺宝塔の下絵を展示するとともに、関連する仏画も展観し、印象が宝塔仏画を描いた軌跡をたどります。また今回特別に平安〜鎌倉時代の印象旧蔵の仏像を初公開します。優れた目利きとしても知られる印象が愛した仏像をこの機会にお楽しみください。

【同時開催】
「京都現代作家展11 河村源三 内なる造形 -こころを描く-」 
2019年5月29日(水)〜7月28日(日)※最終日は16:00まで
「京都現代作家展12 藤井智美 写生と本画」
2019年7月30日(火)〜9月23日(月・祝)
2019年9月24日(火)〜10月11日(金) 展示替え期間のため休館
2019年
10月12日(土)〜11月24日(日)
【特別企画展】
「堂本印象美術館に川端龍子がやってくる 
デコラティブな美術館 vs 大迫力の日本画(仮称)」
東京で活躍した日本画家・川端龍子(1885-1966)は、従来の日本画の伝統にとらわれない斬新で豪快な作風を創出し、自ら主宰した青龍社を舞台に発表を続け、帝展・院展と肩を並べる日本画壇の一大勢力に成長させました。本展では、龍子が京都を舞台に描いた作品を紹介するとともに、京都ゆかりの青龍社所属の作家にも注目して展示します。
2019年11月25日(月)〜12月6日(金) 展示替え期間のため休館
2019年12月7日(土)
〜2020年3月22日(日)
【企画展】
「DOMOTO INSHO 驚異のクリエイションパワー
(特別出品:高知・竹林寺襖絵)みんなが選んだ印象作品(仮称)」
寺院の襖絵として初めての抽象による大胆な表現を試みた高知・竹林寺の襖絵を中心に、コレクションから創造力あふれる作品や人気の作品を紹介します。
 ※展覧会の名称、会期については変更する場合があります。
  ■ 過去の展覧会情報はこちら ■