■ 2018年度 展覧会スケジュール
2018年
3月21日(水・祝)-6月10日(日)
【リニューアルオープン記念展覧会】
「堂本印象 創造への挑戦」
リニューアルオープン記念展覧会の第一弾。
堂本印象の初期から晩年の作品を一堂に展観します。
当館では26年ぶりの公開となる若き日の出世作《調鞠図》や、最高裁判所のために描いた巨大抽象画《豊雲》など特別公開作品をはじめ、開館当初の展示風景の一部再現するなど、多くの見どころがございます。

【屋外展覧会】
「野外彫刻展」
2018年3月21日(水・祝)-5月6日(日)
場所:美術館庭園 入場料:無料
※その他入場時間、休日等は展覧会に準じます。
2018年
6月28日(木)-9月30日(日)
【企画展】
「蘭島閣美術館コレクション 京の日本画家が描く情景」
広島県呉市にある蘭島閣美術館の著名な近代絵画コレクションから、昭和期を中心とする京都画壇の代表作を展観。昭和期に活躍した福田平八郎、小野竹喬、山口華楊から、竹内浩一、渡辺信喜、岡村倫行など、現代の作家の作品まで、京都では目にする機会の少ない作品を多数紹介します。

【庭園展覧会】
「堂本印象美術館・立命館大学連携 青空絵画展」
立命館大学美術研究部による油絵の展示
2018年 9月23日(日)〜10月7日(日)
場所=美術館庭園[雨天の場合は展示中止]
入場料=無料
※その他入場時間、休日等は展覧会に準じます。
2018年
10月13日(土)-11月25日(日)
【リニューアルオープン記念展覧会 II】
「徳岡神泉 ―深遠なる精神世界―」
日本画家・徳岡神泉(1896-1972)は、堂本印象と同時期に京都画壇で活躍し、1966年には文化勲章を受章しました。植物や風景といった身近な自然をモチーフに“幽玄"といわれる独特な表現を用いた神泉の世界を紹介します。

「同時開催 堂本印象 日本の風景、ヨーロッパの風景」
味わい深い日本の風景と、戦後描いた洒脱なヨーロッパの風景。それぞれの魅力をお楽しみください。

【庭園展覧会】
「野外いけばな展」
京都新世代いけばな展2018実行委員会によるいけばなを展示
2018年10月13日(土)・14日(日)
場所=美術館庭園
入場料=無料
※その他入場時間、休日等は展覧会に準じます。

【庭園展覧会】
「野外陶芸作家展」
京都工芸美術作家協会会員による陶芸作品を展示
2018年10月18日(木)〜11月25日(日)
場所=美術館庭園
入場料=無料
※その他入場時間、休日等は展覧会に準じます。
2018年12月13日(木)
 -2019年3月25日(日)
【企画展】
「堂本漆軒と堂本印象」
堂本家次男・漆軒と三男・印象の初となる展覧会。
漆芸家・堂本漆軒(1889-1964)は、日展審査員、評議員を務めるなど、京都の漆芸界の発展に大きく寄与しました。
本展では漆軒作品と印象作品を同時に展観して堂本家が創り出した芸術世界を探ります。

「同時開催 京都現代作家展」
鵜飼雅樹 2018年12月13日(木)-2019年2月2日(土)
渡辺信喜 2019年2月5日(火)-3月25日(日)
 ※展覧会の名称、会期については変更する場合があります。
  ■ 過去の展覧会情報はこちら ■